プラス節約

衣類

衣類

ほしい服はあるけれど、季節ごとに洋服を買い換えていたらお金がいくらあっても足りません。
服にかけるお金はできるだけ抑えながら、自分の好きなファッションを楽しむための賢い節約術をご紹介します。


リサイクルショップ・フリマを活用

サイズが合わなくなったり着なくなった服を売って、自分の欲しい服を買う。衣類を節約するためには欠かせない、衣類の再生システムです。それぞれの利点と欠点を理解して、上手に活用して節約しましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップは、お店が不要なものを買い取り、お店が欲しい人に売るという仕組みになっているので、お店が儲けとして必要な分が売買金額から差し引きされます。買い手が見つからないとリサイクルショップ自体も経営していくことができませんから、何でも売れるというわけではありません。しかし、お店に置いて販売されるため、売り手と買い手それぞれの都合の良い時に行くことができます。基本的には、需要のあるキレイなもの、未使用品、新しいもの、価値があるものなどを売る場合に便利です。店の中間マージンがかかる分、フリマなどより高い金額になっている事もあります。

フリーマーケット

土日や祝日になると公園やデパートの屋上などで開かれるフリーマーケットは、申し込めば誰でもお店を出すことができますので、引越しや衣替えなどの時期にまとめて売りに出すのがおすすめです。また、こまめに色々な場所のフリーマーケットを覗いておくと、常連の出店者と仲良くなって欲しいものが出た時に値引きしてもらえる事もあります。出展者同士の物々交換などもあり、沢山の人とのコミニュケーションの場としても活用できます。個人同士の取引になるので、閉店間際になるとかなり値引きされたり、まとめ買いで通常より安なったりもします。売り手と買い手の駆け引き次第で、かなりお得に衣類を買うことができるので色々な会場を回ってみるのがポイントです。

インターネットオークションの利用方法

ネットを介して全国各地の人とやり取りができるのがインターネットオークションの特徴です。フリマやリサイクルショップでは限られた地域の人同士ですが、ネットを使えば海外の人とも売買することができます。どこかの国の誰かが不要になったものは、自分には必要かもしれないですもんね。

売買の方法

パソコンや携帯からアクセスできるインターネットオークションには、会員登録制のものが一般的です。全国各地から出品されているので、沢山のなかから自分の欲しいものを予算金額内で探したい時にとても便利です。オークション形式なので、スタート金額が低く設定されているものも多く、競りあう人数が少なければよりやすい金額で購入する事もできます。インターネットを使っているため入札可能期間内であれば時間を気にせず欲しいものを探したり入札できるので、フリマやリサイクルショップなどに行く時間がない人にお勧めです。出品する際には出品費用をオークション開催主催者に支払う必要がある場合や、物によっては送料がかなり高くなる事もあります。出品の際にも必要な諸経費がどのくらいかかるのかを確認しておき、入札する前には出品者に送料などの諸経費を確認するようにしましょう。

注意点

一般的には顔の見えない郵送での取引になるため、信頼できる相手かどうかを自分自身で見極める必要があります。中には信頼できない人が参加している事もあるため、参加する前に注意事項などをきっちり確認しておく必要があります。落札後に気が変って連絡をしないというケースや入金しない、商品が違う、など様々なトラブルがあるのも顔の見えないインターネットオークションにはありがちのトラブルです。トラブルを避けるためにも、始めに色々なサイトを見てルールをしっかりと把握してから参加するようにしましょう。