プラス節約

消耗品

消耗品

生活用品の中でもちょっとしたものならほとんどが揃えられる100円ショップ。とっても便利だし、結構気になる商品も多いんですよね。消耗品やちょっとした家具なら100円ショップなどで購入するという人も多いようです。でも、安くで買った消耗品って意外と壊れやすいんですよね。安いから仕方ない、と買い換えてばかりじゃちっとも節約になりません。回りにあるものを上手に再利用して、必要なものだけを買いかえる節約上手になる小ワザをご紹介します。


使い捨て用品は買わない

生ゴミ用の水きりネットやフローリング用ワイパーのシート、キッチンペーパーなど使い捨ての消耗品は、わざわざ購入する必要なんてありません。どうせ捨ててしまうものを再利用したり、何回も使えるものに取り替えるだけで毎月かなりの節約になりますよ。

水きりネット

三角コーナーの水きりネットは、溜まったらゴミと一緒に捨ててしまっていませんか? 丈夫なネットタイプならゴミだけを捨てて数十回使うことが出来ますので洗って使うのも良い方法ですが、折りたたみ式の三角コーナーを利用すればゴミ捨ても簡単だし使い捨てることが無いのでこれに買い換えてしまうととってもお徳です。くるっと丸めてシンクに取り付ける水きりコーナーは、広げることが出来るので汚れやすい角が無く、一回一回洗って清潔に保つことが出来ます。野菜の水切りなどにも利用できるので便利ですよ。現在使用している三角コーナー用のネットがほしい、という人は破れたストッキングを水きりネット代わりに利用すると経済的です。


手作り化学雑巾

フローリング用の化学雑巾は市販されている使い捨てシートしか使えないと思っている人も多いかも知れませんが、これも自分で簡単に作ることが出来ます。いらない布を使って雑巾を作るのは誰にでもできることですが、より汚れを吸着してくれる化学雑巾にするためには、家具用などの室内用洗剤に家具用ワックスを大さじ1程度混ぜ合わせて薄めたものを噴霧器で雑巾に吹きかけて染み込ませるだけで手作りすることができます。その都度洗剤を混ぜたり、吹きかけているのでは手間が掛かってめんどくさくなってしまうので、何枚もいっぺんに作って密封できる袋などで保管しておけば使いたい時にすぐ使うことが出来ます。


万能布巾

キッチンペーパーは吸水性に優れていて大変丈夫なので調理中に大変長方する消耗品のひとつです。しかし、日本人が昔から使っていたふきんは、キチンペーパーより丈夫で使えば使うほど吸水性もよくなり使い勝手のいい万能小道具になります。何度も洗って使えますが、衛生面が気になる場合には、一日の終わりに漂白剤を薄めた水につけておくか、石鹸を溶かした熱湯で煮沸消毒してから、アイロンを使ってしっかり乾かせば良いでしょう。使えないくらいぼろぼろになったら、化学素雑巾に作り直せば最後まで有効活用できますね。


買いかえるときのポイント

身の回りにあるものを友好に使っていっても、やっぱり買わなくちゃ活けない生活用品もあります。新しく購入する時や買いかえるときには、少しでも丈夫で長持ちさせられるものを選びたいですよね。

リサイクルショップの有効活用

消耗品だからといって値段だけで選ぶと、まだ十分使っていないのに使えなくなってしまったり使い難かったりと不便な点が出てくる事も多いはず。そこで、消耗品こそリサイクルショップで売られているものを活用するのが上手に節約するポイントになります。結婚式の引き出物や景品や頂き物の洗剤など、使わない人がリサイクルショップに売ったものには意外と良品が低価格で色々と売られています。周辺のリサイクルショップをこまめに覗いてほしいものが出てくるのを狙いましょう。

便利グッズと併用

安い消耗品・生活用品の中には、海外から輸入された製品を沢山見かけます。高価なものに比べると、つくりが甘かったり、サイズや強度がいまいちだったり、というものが多いのですが、市販されている便利グッズと併用して使うとかなり使い勝手がよく長持ちさせることができます。例えば、強度や使い勝手のよくない生活雑貨を結束バンドで使いやすいように固定したり、プレゼントに使うラッピンググッズを100円ショップのネイルアートアイテムやビーズでアレンジしてゴージャスにするなど、アイディア次第で色々と工夫することができます。消耗品を買いかえるときにも安いものはそのまま使わず、一工夫して使いこなすと節約上手になれますよ。