プラス節約

給湯器・キッチン

光熱費節約

地球温暖化を防止するために企業や自治体の二酸化炭素排出量は減少傾向にありますが、家庭で消費されるエネルギー量は増加の傾向にあります。その大半が給湯システムやキッチンで使用される熱源です。最近は、エネルギー効率のよい給湯システムや、環境に優しいといわれるオール電化が人気になっていますが本当に省エネ・節約になるのでしょうか?


給湯システム

家中で使用するお湯は、その場所ごとに給湯器を取り付ける場合とすべてを一つの給湯器でまかなう場合があります。給湯方式にも、ガス・電気・ハイブリッドなど色々な方式がありますが、どれが一番お得に光熱費を節約することが出来るのでしょうか?

ガス

地域によって家庭で使用するガスの種類が、プロパン・LPと違っています。二酸化炭素の排出量は電気を発電する時のことを考えるとさほど変わりませんが、ガスは周辺の空気も一緒に加熱するため、季節によってお湯を温めるときの温度に差が出てきます。そのため、気温の低い地域の場合、光熱費が高くついてしまう場合もあります。低温になる地域の倍は、給湯器付近のパイプが凍結しないように凍結防止ヒーターをつけますが、これもかなり電力を消費します。そのため、一定気温以下になるとスイッチが入るような節電プラグを利用するとかなり節約することが出来ます。


電気

電気式給湯器を利用している場合、夜間電力を利用できるタイプにするとかなり経済的になります。電気式給湯器はガスに比べて周辺の気温によるエネルギー消費量の差が少ないようですが、発電所からの送電にかかるエネルギーが必要になります。家庭で消費される電力には送電コストが含まれていますので、自家発電を行うことが出来れば金銭的にもかなりの節約になりますし環境にも優しい給湯システムになります。リフォームや新築で給湯設備を買いかえる際には、ソーラーパネルなどを利用した太陽光発電システムに付いても予算や長期的な利用効果を考えておくのがお勧めです。


ハイブリッド

空気の熱を利用して水を温める、エコキュートは代表的なハイブリッドタイプの給湯設備です。空気中の二酸化炭素を利用して水を温めるため、ガスや電気の給湯器と比べても排出される二酸化炭素の量と必要とするエネルギーもかなり少ないのが大きな特徴です。温暖化の原因の一つといわれている温室効果ガスを有効的に利用することが出来る画期的なシステムで、集合住宅にも戸建て住宅にも対応しているので人気が高まっています。


システムキッチン

キッチンで加熱調理に使われるコンロやヒーターは、ガス式と電気式どちらがよりお得で環境にも優しいのでしょうか?

オール電化

オール電化のキッチンにすると、光熱費を節約することが出来るといわれていますよね。それは、ガスを全く利用しなくなるためガスの基本使用量分の出費が減るためです。また、新築の場合電気設備のみの工事になると、全体の工賃が安くなりガス・電気両方の設備を備えている住宅に比べて安くでたてることが出来るのもポイントです。しかし、実際にオール電化にした場合、停電などで電力供給がストップしてしまうと困った事態になる場合もないとは言えません。オール電化にする場合には、太陽光発電やハイブリッド式給湯器などを併用して購入した方が長期的に見ても節約することが出来るかもしれませんね。


ガスコンロ

オール電化のほうがガスコンロより環境に優しい、といわれるのをたびたび耳にしますが、これはちょっと違います。温暖化を防止するために、一般電化製品にはエネルギー消費効率の目標や実際の使用量について測定され、省エネラベルなどで一般的に公開されています。これはガスコンロでも同じことでガスコンロのエネルギー消費効率は年々急速に高くなっているのです。ガスコンロの場合、中火で調理を行ったりレンジ周りにアルミ製の省エネグッズを併用することでさらに節約する事もできます。ガスコンロの方が、自分の努力でいくらでも節約した使い方ができるともいえるかも知れませんね。