プラス節約

移動の際の交通手段

交通手段

ガソリンの急激な高騰で休日も車での外出を控えるようになった人も多いはず。でも、どこへでも歩いていけるわけじゃないし、電車賃もバカになりません。毎日の通勤通学の他、旅行や帰省にかかる交通費も、色々な交通手段や割引を組み合わせればかなり節約できるんです。マイカーよりも地球に優しい公共交通手段をもっとお得に、もっと楽しく使いこなせる裏技をご紹介します。


定期券でエコ&節約術

購入時期に気をつける

通学に、電車やバスを利用している人は多いですよね。高校や大学など、学生証が発行される学生は学生料金で定期券を使うのがお得です。定期券は長期間タイプを購入した方が手間も省けて節約しているように思いがちですが、夏休みなどの長期休暇で実際には電車やバスに乗らない期間がある場合、かえって高くつくことになります。定期券を購入する場合、逆算して長期休暇にかからないようにします。通学範囲によっては、一日乗り放題になる周遊券を数日購入したほうがお得な場合もありますので、そういった割引サービスが無いか確認しておくと良いでしょう。また、定期券の使える通学範囲内でバイトをするなどして、バイト先までの交通費を浮かせるのもおすすめです。

IC共通定期券・回数券を活用

最近は、ICカードタイプの定期券や回数券、乗車券が増えています。バスも電車も同じICカードで乗り降りできるので複数の乗車券を持つ必要がありません。このカードがお得なのは、チャージ機能が付いているもので、クレジットを利用して購入するとポイントが溜まり、溜まったポイントを商品券や定期券、乗車券と交換できるということです。また、普段は回数券として利用しておき、休日のお得なフリー乗車券をチャージしてあるクレジットで購入するという使い分けをするとさらにお得になります。自分の利用する地域の交通機関が発行しているICカードの利用可能範囲を調べておきましょう。

旅行で省エネ・節約

交通費を含むツアーを利用する

家族旅行や帰省など、長距離移動になる場合には、交通費とイベント、交通費と宿泊代がセットになっているツアーを利用するのがお勧めです。特に遊園地などの行楽地へ出かける場合、ある程度の人数が集まったら団体割引が使える場合もあります。宿泊がセットになっているツアーには朝食がついているものも多いのですが、宿泊施設の朝食って意外とボリュームがありますよね。朝食から少し取り分けたり、ご飯とおかずでおにぎりを作ればお弁当として昼食代を浮かせることが出来ます。食べ残しも減って、地球にも優しい節約ができますね。

計画は早めに立てると格安

航空会社のチケット予約サービスの中に、早めに購入することで半額近い金額で購入できるプランが沢山あります。旅行や帰省など長距離移動の計画は早めにたてて、安いチケットを購入しましょう。早めに購入すると、比較的希望の時間帯でチケットが取れる事も多いんです。また、こういった格安航空券とレンタカーの組み合わせも忘れてはいけません。レンタカー会社も早期予約で、割引率が変るサービスを取り入れていることがあり、これらの割引サービスはネットから行うようになっているものが多いのも特徴です。また、色々な旅行会社を通して格安チケットを探すのもおすすめ。メールで複数の旅行代理店に依頼して、色々な見積もりを出してもらいます。早めに依頼すれば、その分沢山のプランや見積もりを比較することが出来ますから、その中からより安く充実した内容のものを選べばというのがお得な交通手段を探す方法なんですよ。

電車・飛行機などのスペシャルを狙う!

JRなどの鉄道会社は、3日〜2週間といった限られた期間、決まった区間で定期的にスペシャル価格を設定しています。航空会社も数日間限定で、2〜3ヶ月先のチケットを激安価格で購入できるサービスを定期的に行います。夏休みや正月休みは沢山の人が移動するので、特別割引期間には設定されない事が多いのですが、逆に考えるとそれ以外の時期にはスペシャルサービス価格が設定される事も多いんです。長期休暇をピーク時以外で取ることができる人は、学生の休みとかぶらないように気をつけて、お得な割引期間を狙うのがポイントです。年間を通してみると、ある程度決まった時期に設定されることが多いので時期に狙いをつけて旅行の計画を立てるのが節約のカギになります。