プラス節約

一人暮らしと家庭の食費

食費

人間の生活の基本となる、「衣・食・住」のうち、知らず知らずのうちに結構かさんでしまうのが食費です。一人暮らしでも外食やコンビニ弁当が中心だと月々平均4〜5万円はかかってしまうようです。これにレストランなどで食事する日が加われば、ちょっと気がつくと給料のほとんどが食費に消えていたり…。
一人暮らしでも大家族でも、食費を巣津約するなら、上手に自炊するのが一番ですよね。


ケチケチしないで省エネ節約

ダイエットと食費の節約

食費の節約に力を入れると、始めたばかりの頃はあれもこれも切り詰めてしまい、だんだん辛くなってしまうという経験はありませんか? もしくは、安いものを買いだめして節約しているつもりでも、買い込みすぎて賞味期限を切らしてしまったり、同じものばかり溜まっているということはありませんか?
これって、ダイエットのリバウンドや口コミで評判のダイエット食品・器具を購入して途中で使わなくなる…というのに似ていますよね。そうなんです。食費で省エネや節約を成功させるコツは、ダイエットと同じく、長続きできるように楽しみながらやることがポイントなんです。

買う・作る・食べる・保存する

食費の節約は買うところに目が行きがちですが、作る・食べる・保存する、という後の工程とも関連付けて考えるのがポイントです。
買いだめしすぎないためにも、食べる量と保存できる期間、保存した後の使い道などを考えながらセール品を探すようにします。こうすることで、いくら安くても必買わなくていいものは買わない、目先の安さだけにひかれて無駄買いをなくす、という強い意志を持つことが出来ますよね。また、自宅で保存する時は、自分で決めた消費期限を設定していつも分かるようにしておくと、買い物に行く時にも必要なものだけを買うことが出来ますよ。

旬のもの・地産地消・エコファーマーズショップ

ハウス栽培や輸入物など、旬でなくても食材は色々と手に入りますが、手間賃やコストがかかっているので旬のものより高くなります。また、海外からの輸入品より近くで生産されたものの方が輸送コストがかからず、消費者にも生産者にも優しい値段で取引することが出来ます。こういった地産地消や旬食材を頻繁に利用する事も食費の節約にとって重要なカギになります。特に利用したいのが、スーパーなどに陳列されているものの規格から外れた規格外野菜などを扱うエコファーマーズショップです。直売所などがメインですが、最近では、大手スーパーの野菜コーナーの一角に規格外品を置くコーナーを作っているところもあります。

一人暮らしの食費〜省エネ・節約ポイント〜

  • コンビにでは、つい必要の無いものまで買ってしまいがちなので、コンビニの利用頻度を少なくする。
  • 一人暮らしの自炊仲間を作る。一人分よりまとめ買いがお得なものが多いので、みんなでシェアしたり、割り勘にするのがお得。調味料も業務用を購入して数人で分けよう!
  • 肉類は、冷凍させる前にしょうが醤油や塩コショウで下味をつけてから保存すると、臭みがつきにくく、色々な調理に使える。
  • お弁当や夕食のおかずは、数日分まとめて作る。小分けにして冷凍しておくと調理の時間も光熱費も節約。

家族の食費〜省エネ・節約ポイント〜

  • スーパーや直売所の底値をメモしておき、一覧表を作る。数ヶ月で底値が分かってきたら、チラシの値段と自分の底値表をみて買うものを決める。
  • 空腹時のまま買い物に行かない。だからといって何か食べるというわけではなく、お茶や水を一杯飲んでから出かけるだけでOK。
  • お米はスーパーで買わない。籾殻の付いた状態で米屋や農家から購入するとスーパーよりも格安。使う分だけ米屋や精米所で精米すれば、味も落ちにくく長期保存しやすい。
  • 冷蔵庫に保存する野菜と、風通しの良い日陰に保存する野菜を分ける。ジャガイモや玉ねぎは、冷蔵庫やビニールに入れず、つるして保管すると長持ち。 ・旬の食べ物、地元や近隣の産物を知っておく。